マレーシア 日本人向けの求人を探す、おすすめ人材紹介サイト4選!

  • »リクルートエージェント

    マレーシアで働きたい目的があるかたはまずココに無料登録しておくことをお勧めします!現地マレーシア企業の求人を扱ってるわけではなくて、主に駐在員としての求人や、現地の新規立ちあげの求人になります。リクルートが展開する海外専門の特設サイトなのでここで見つからなければ他でも難しいと思います。大小様々な企業の求人を扱い、その数は8万件を超えます。また、なかなかオモテには出せない海外向けの非公開の求人が多いのでその点も開示してもらうと可能性が広がりますね。

  • »JAC Recruitment

    マレーシアに支社があり日本人むけの求人を扱っています。マレーシア企業も、日系企業も扱っているのでリクルートと併せて使っていくと良いでしょう。もともと英語のサイトですが日本人向けのコンテンツ、日本人向けのサービスも展開しているので安心して利用できます。日本に居ながらにしてマレーシアの情報収集もできるのでかなり活用できるサイトですね。

  • »パーソナルキャリアのDODA

    国内ではリクルートに次ぐ2番めの規模の求人数を扱っていると言われているのがコチラ。近年は他社に買収されたりと運営元が変わったりしていますが、それでも海外転職のノウハウは衰えていません。余裕があれば登録して使っていきましょう。

  • »IT関連に強いマイナビ

    マレーシアでは現在積極的にIT関連の職種のエンジニアを集めています。ビザも取りやすいです。IT関連職の転職に強みのあるマイナビに海外勤務の案件があるかは不明ですが、試しに検索してみるものよいでしょう。

マレーシアで働くための転職活動とは

日本人がマレーシアで働くならば日本の会社員として現地の駐在員になるべく求人を探していくという活動と、マレーシア企業に就職するべくマレーシア人と同じ条件で同じフィールドで転職活動をするという2つの手段があります。しかし実際にマレーシアで働きたい日本人の多くは前者のほうを選択するビジネスマンが多いように見受けられます。いくら近代化が進んでアジアでもシンガポールに並ぶインフラやサービス業が発展しつつあるとはいえ、駐在員として現地赴任している社員さんのほうがライフスタイルが良いのは明確ですからね。。

そうなるとどんな日系企業がマレーシアに進出しているかをリサーチしたくなるかもしれませんね。マレーシアにある日系企業は1300社以上あり、その50%は製造業となっています。卸売業は22%ありこの分野で既にキャリアを形成している方は条件面でのクリアも早いでしょう。日本でもよく聞くような大企業やそのグループ会社が多数あるのでアレコレ考えるよりもまずは人材紹介サイトにコンサルティング担当者をつけてもらってマレーシアの日本人求人を検索してもらうのが良いです。

就労ビザとか

海外で働きたい場合に就労ビザの課題がでてきます。マレーシアに関してはどうでしょうか。まず、日本企業に就職してその駐在員としてマレーシアに行く場合は就労ビザの問題は何も無いと思われます。自分で書類を準備して会社側で処理手続きを行ってくれるからです。そうではなくて身ひとつでマレーシアに渡航して現地で仕事を探す場合は就労ビザの課題があります。エンジニア職(特にIT系)や、営業職、日本語教師では就労ビザが取りやすい傾向にあるようです。